DHA・EPAは近い存在なのに全く違う成分

DHAとEPAはセットでサプリメントなどで販売されていることがほとんどですが、「似たような働きをしているのでは?」と認識されている方も多いようですが、実は「DHA・EPA」はとても近い存在なのに全く違う働きをする成分なのをご存知でしたか?

 

血液がどろどろの状態にDHA・EPAはどう働くのか?

 

体の中を通る血液の中で悪玉コレステロールや中性脂肪の濃度が高くなり血糖値が上昇すると、血液の粘度が増すことにより、どろどろの状態になってしまいます。

 

DHAとEPAはどちらも高血圧や動脈硬化などの症状を予防するのに有効といわれているのですがその作用には違いが生じてくるのです。

 

血管や細胞膜を柔らかくすることで血流を改善してくれるのが「DHA]になります。

 

「EPA]は、血小板凝集抑制作用と言われる作用により血栓ができにくくなるために血流が良くなります。

 

DHAとEPAは摂り入れることで小腸に吸収されて肝臓を経由してから血液に入ると言われているのですが、そこで神経系統に働きかけるのはDHAだけだなのだそうです。

 

そのためDHAは神経細胞の成分となる事により血液と共に脳へ送られていきます。

 

しかし、脳に必要な成分かどうかを判断するための血液脳関門といったものがあるのですが、そこでDHAは脳に必要な成分と判断されて血液脳関門を通過する事ができるんですね。

 

DHAは脳の海馬に送られることで、記憶力や学習能力といった脳を活性化させるための大切な成分として注目を集めています。

 

さらに、網膜脂肪の4〜6割もがDHAで作られる成分なので、DHAは視力をよくする働きも持ち合わせているそうです。

 

EPAに関しましては残念ながら血液脳関門を通過する事が出来ませんので、神経系統への作用は期待できません。

 

しかし、EPAが体内でDHAを作り出すこともあるといわれており、DHAとEPAは全く異なる性質をもった成分なのに、性質の違うものに生まれ変わってしまうところがとても不思議ですよね。

 

なのでEPAをしっかり摂取していれば、DHAの不足に陥ることはないのですね。

 

という事は、EPAの多く含まれる量を重視して選ぶと良い事になりますね。

 

効率よくEPAとDHAを摂り入れるにはサプリメントで補給することがおすすめです。

 

DHAとEPAを一緒に摂り入れることの相乗効果によりメリットがありますので、サプリメントを選ぶ場合は両方が配合されたものを選ぶことをおすすめします。

 

十分に注意していただきたい事もあります

 

過剰摂取は絶対にしないでください!

 

どちらも過剰摂取してしまうことにより、下痢や出血、嘔吐が止まらなくなる可能性がありますので、十分に注意して下さい。

 

利用する際には決められた用法容量をしっかりと守ってください。

 

特に魚を食べた日にはサプリメントを飲まれる量はより一層気を付ける必要があります。

 

血圧を下げる薬や血液を固まりにくくさせる薬を服用されている方は相乗効果によって出血や血圧が下がり過ぎてしまう可能性がありますので、お医者さんで薬を処方されている方はサプリメントを摂取する際には、必ずかかりつけのお医者さんに相談をしてください。

おすすめ