DHA・EPAの副作用について

DHAの副作用について

 

DHAは安全な成分なのですが、1日の摂取量が3g(3000mg)を越えた量を摂り入れることで過剰摂取になるといわれています。

 

下手をすると、吐き気や軟便、下痢になる可能性が考えられます。しかし、サプリメントでDHAを摂り入れた場合、違うサプリやお薬と併用した場合に起こる副作用の心配をする必要はないのですが、ワーファリン(ワルファリンカリウム)と同時に摂取する場合には医師に相談することをおすすめします。

 

DHAは血液サラサラ効果があることにより、ワーファリンと併用される場合には血液の凝結機能が低下する可能性が考えられますので、血が止まりにくくなるかもしれません。

 

EPAの副作用について

 

EPAも安全な成分ですが、1日の摂取量は1g「1000r」位でとされています。

 

しかし、1日の摂取量の3g「3000r」を超えた量を継続して摂り入れてしまうと、吐き気や軟便、下痢の副作用を起こす可能性があります。

 

EPAもDHAと同様に、違うサプリやお薬と併用されても副作用の心配はあまり見られません。しかし、ワーファリン(ワルファリンカリウム)と同時に摂り入れるのでしたら注意が必要になります。

 

EPAにも血液サラサラ効果があることからワーファリンと併用することで、血液の凝結機能が低下して血が止まりにくくなる場合もあります。

 

DHA・EPAに共通の副作用について

 

青魚からDHA・EPAを摂り入れる際に特に妊婦さんは気を付ける様にして下さい。

 

DHA・EPAを多く含んでいる大型魚には水銀が含まれているので 、食べ過ぎてしまうことで、胎児に悪い影響が出る可能性があります。

 

サプリメントから摂り入れる場合は?

 

現在のところ、国内で発売されている DHA・EPAサプリからは水銀が検出されていません。サプリメントに扱われている魚油の精製途中で、ほぼすべての水銀は除去されていますので過度の心配は必要ないようです。

おすすめ